腎臓の機能は、大きく分けて4つあります。 ・水分調節 ・老廃物の排出 ・血圧調節 ・ビタミンDの生成 人体の6割は水分でできていますが、腎臓はこの水分量を調節する働きを持っています。 この水分の割合が少しでも変わってしまうと、私たちは生きることができないので、腎臓はなくてはならない存在だといえるでしょう。 それに、腎臓には、体内にある老廃物を体外に排出する働きもあります。 この働きが弱まってしまうと、体が毒素におかされてしまい、命に関わるような重大な病気を引き起こすのです。 また、腎臓は血圧を調節する働きも持っているため、腎臓の働きが弱まってしまうと、血圧が高くなります。 さらに、腎臓は丈夫な骨を作るために必要なビタミンDの生成も行っています。 ビタミンDが不足すると、弱々しい骨になり、骨折しやすくなってしまうでしょう。 腎臓には主にこのような機能が備わっています。 とても大事な機能ばかりなので、腎臓に異変が起きると、体全体に悪影響を及ぼしてしまうのです。